Menu

ゼニカルの副作用の肝機能障害について

0 Comment

ゼニカルの副作用に、下痢とビタミン不足がありますが、それ以外に肝臓に障害が現れることがあります。これはかなり希なケースなので、それほど心配する必要はないのですが一応見ておきましょう。肝臓の障害の症状を知っておきましょう。

ゼニカルを飲んだことでおきる肝臓障害

ゼニカルを飲んだことでおきる肝臓の障害ですが、例えば食欲がなくなります。ダイエット中の人なら自然と食欲が落ちたと思ってそれは喜ばしいことだと思うかもしれないのですが、実際は肝機能が落ちた事で食欲不振に陥っているので注意が必要なのです。食欲があまりにもなくなった場合にはゼニカルの副作用を疑ったほうがいいでしょう。そして体がだるくなります。風邪でもないし体調不良でもないのになんとなく体がだるい、これは肝機能が低下している証拠かもしれません。皮膚にかゆみが出てきたり、皮膚が黄色くなる、眼球が黄色くになることも黄疸が現れている症状ですので早めに対処しなければいけません。

ゼニカルを飲んでいてこれらの症状があらわれたら

ゼニカルを飲んでいて、もしこれらの症状があらわれた場合には、どうすればいいのでしょうか。これは肝臓の障害が起きていることを表しているので、早めに服用を中止して医師に相談したほうがいいでしょう。個人輸入をした薬を飲んで肝臓障害になったから責められるのではないかと思っている人もいるかも知れないのですが、そんなことはありません。それで治療が遅れたほうが医師から怒られるでしょう。ですからもしこのような症状が少しでも現れるようであれば早めに対処する必要があります。

肝臓障害だけではない

肝臓障害だけでなく場合によっては腎臓の障害がおきることもあります。手足のむくみ、尿量が減る、血尿が出る、背中の痛みなどがある場合は腎臓障害ですので早めに医師に相談しましょう。

関連する記事