Menu

ゼニカルの副作用の下痢とビタミン不足

0 Comment

ゼニカルを個人輸入すると医師から説明を受けずに飲むことになりますので、副作用などの心配が出てくるという人もいるのではないでしょうか。ここではゼニカルの副作用について詳しく見て行きたいと思いますので参考にしてみてください。

ゼニカルの副作用で多いのは下痢

ゼニカルの副作用で一番多いといってもいいのは下痢です。下痢は飲み始めてからだいたい3ヶ月以内くらいに多いとされている副作用です。下痢にならなくても軟便になる、ガスの回数が増えている、ガスといっしょに便が出ることもある、急に便意があって止まらない、便の失禁があるというケースがあります。これは長く続く副作用ではありません。短くて1週間もすれば収まります。ですからそれほど心配する必要はありません。もしゼニカルの副作用で下痢があまりにも強い場合には、生理用品を使用して対処するといいでしょう。また日常生活に支障が出るほど下痢が続く場合には、休日だけにするなど対処するといいでしょう。

副作用としてビタミン不足になる

ゼニカルを飲んだ副作用としてビタミン不足もあります。ゼニカルを飲むことで副作用が働いて脂溶性のビタミンADEK、ベータカロテンが体内から不足するのです。ビタミン不足になるとゼニカルを飲む頻度、期間によっても違いますが、体に様々な症状が現れるので、ビタミンだけのマルチサプリ的な物をいっしょに飲むことで補う必要があるかもしれません。もしビタミンサプリを飲むという場合にはいつ飲んでも構いませんがゼニカルを飲む2時間前後は避けて飲むようにしましょう。それさえ守ればいつのタイミングで飲んでもいいですから、副作用によるビタミン不足の解消をしたほうがいいでしょう。

関連する記事