生命保険を解約する前に知っておきたい事

あなたは現在生命保険に加入していますか?
もし加入しているのであればどのような経緯で加入することになったのでしょうか。
きっと若い人であれば、多くは知り合いに勧められたり、職場の上司に勧められたからという理由で深く考えることをせずに生命保険に加入してしまったなんて人も多いのではないでしょうか。
しかし、そのような人に限って保険の知識がないため、あれよあれよと相手の思うがままに乗せられてしまい、必要のない保険や支払いの大きめの保険に加入させられてしまうなんてケースも少なくありません。
もちろん、いざという時にあるとすごくありがたい生命保険ですが、必ずしも全員が全員必要というわけではありません。
生命保険というのはあなたが解約しない限り、死ぬまで払い続ける保険です。
そのため、これからずっと払い続けることができないようなプランで組むことはお勧めできません。
一番最初の段階で何も考えないで保険に加入してしまう人が多いため、払い続けることができなくなって解約してしまう人が多いのも事実です。
そこで、もしあなたが生命保険を解約する前に知っておいて欲しいことについて紹介していきましょう。

解約する時には絶対に欠かせない解約返戻金の種類について

qwerts
あなたは解約返戻金がどういうものか知っていますか?
解約返戻金とはあなたが契約している生命保険を解約する際に発生する払戻し金のことで、あなたがどのような契約をしたかによって、この解約返戻金の有無は異なります。
この解約返戻金には、三つの種類があります。
それは従来型、低解約返戻金型、無解約返戻金型の三つです。
従来型は今まで同様、解約返戻金が付いているもので、どれくらい帰ってくるかというのは、変れ率によるため一概には言えませんが、もし60%であれば、あなたの元には支払ってきた6割の保険料が返ってきます。
低解約返戻金型は、返戻率を従来型の7割程度に抑え、月々の支払い保険料も抑えることができるタイプのものです。
この場合は保険期間中に解約した時の解約返戻金が少なくなりますが、払い込みが満了した時点で解約返戻金が増える仕組みとなっています。
一見、満了した場合に支払った金額より、解約返戻金が増えると聞くとお得に聞こえますが、満了になるまでの期間一定の金額を払い続けることは相当大変なことです。
無解約返戻金型は読んで字のごとく、返戻金のないタイプのものになります。
以上が解約返戻金の種類についてでした。
もしあなたが生命保険を解約する時には、事前に自分の保険がどのタイプなのかを確認しておく必要があることを覚えておきましょう。

解約返戻金があるのかどうか

基本的なこの解約返戻金の計算方法は、契約者価格-解約控除=解約返戻金の金額となります。
この契約者価格とは、あなたがこれまで支払った金額のことではなくて、あなたが解約する保険の収支残高のことを言います。
次に、解約控除というのはいわゆるペナルティです。
例えば、あなたが保険契約の際にかかっている営業職員への手数料や、あなたの保険の加入を認めるための審査費用などを未回収分引かれてしまうのです。
当たり前ですが、あなたが払っている保険料の中には、あなたの保険分だけではなく、保険会社の経費も含まれているため、通常契約期間中に回収すべき、経費を途中解約することでまとめて支払わなくてはいけなくなるのです。
実際に生命保険を解約するとどれくらいお金が返ってくるの?
基本的に生命保険を途中で解約する場合には、契約してから早い時期に解約すればするほど、戻ってくるお金は減ります。
主にどのような要素で解約返戻金の金額が決まるのかというと、あなたの保険の契約の時期、加入した保険の種類、保険期間、あなたにかかっている保険の金額、契約してからの経過年数のこれらの要素をもとにはじき出されます。
以上があなたが生命保険を解約する前に知っておいてほしいことでした。
マイホームの次に高額な買い物と言われる生命保険は払い続けることは容易ではありません。
そのため、損切りをする覚悟も時には必要ということを覚えておきましょう。
優秀なプランナーを生命保険ランキングで探す

更新情報

アーカイブ

生命保険といえばアフラック
ページ上に戻る